アラサーママのL.A.滞在記

イヤイヤ期真っ只中の2歳児の母による、海外での育児奮闘記です

ベビーの肌着、徹底検証③真夏・ユニクロ編

【スポンサーリンク】

こんにちは。

 

ベビーの肌着、コンビミニプチバトーに触れてきました。

前回の最後で書いた通り、プチバトーは品質はいいですが、

夏はちょっと暑そう…。

 

ということで行き着いたのが

 ユニクロのメッシュ肌着です。

 

これはもうほんとに涼しそう!!

この肌着にしたからか、今年の夏は汗疹はほとんどできませんでした。

 

プチバトーの時は寝汗でびっちょりということもよくありましたが、

このユニクロの肌着ではそういうことはほとんどなかったです。

涼しい上に、濡れてもすぐ乾きますからね。

 

そして何よりお安いですし、

ユニクロですからわりとどこでも買えるというのも利点です。

ただしベビーを扱っていない店舗結構ありますからそこは注意です。

東京にいる頃、あるだろーと思って行った店舗にことごとく無くて、

4店舗目でやっと買えました。事前に調べていくほうがいいですね。

 

品質としては、薄い素材でメッシュですから、ちょっとひっかけたりすると

穴が開いてしまうこともありました。

でも安いし、ベビーの肌着なんて1シーズンしか使えないし、

そこまで気にならなかったです。

安かろう悪かろうとも思わないですし、だからといって超お値段以上!!

とも思いません。価格と品質のバランスはとれてる感じですかね。

 

色や柄も豊富なので、楽しいですよ。

ちなみにサイズ60までは前開きタイプで70からはボディタイプになりますよー。

我が子は6ヶ月前後で70を着ていました。

 

多分来年の夏もこれを着せると思います。

暑い日本の夏にはおすすめです。

逆に、日本の暑い夏に、これ以外の肌着の上にさらにお洋服を着せて、

抱っこ紐でおでかけ…というのは多分赤ちゃんにとっては辛いと思います…。

 

皮膚科の先生曰く、夏に抱っこ紐で抱っこする場合は、

肌着だけか、肌着着せずに洋服だけにするかぐらいじゃないと暑くて汗疹できるよ、

とのことでした。

肌着着せずに直にお洋服というのも少し抵抗があるので、

メッシュ肌着なら負担は少し減るかなと思います。

 

3回にわたってベビーの肌着についてお伝えしてきました。

これから迎える秋冬、また色々と試して、

第二弾をお届けできればいいなと思っています。