アラサーママのL.A.滞在記

イヤイヤ期真っ只中の2歳児の母による、海外での育児奮闘記です

渡米準備②予防接種

【スポンサーリンク】

こんにちは。

さてさて、次は予防接種についてです。
アメリカでは各州や入る学校によって求められる予防接種が違うようです。

海外に行く人のための予防接種を専門にしている病院が大都市ならありますので、
そこで詳しく聞くのがいいと思います。

今回大人に関しては、大学院に入る上で夫が求められる水準の予防接種を、

妻である私も一緒に受けた、という感じです。

 

娘に関しては、2歳の時点で日本での予防接種がひと段落しており、
アメリカで求められる追加の予防接種もないので、今回の渡米に際して新たに打つものは特になし。
現時点で何を接種しているかの医師のサイン入り証明書を作成していただきました。

 

さて、実際の接種に関してですが、まず自分の母子手帳が必要になります!

子供の頃打っているもので免疫が有効であれば再度受ける必要がないからです。
親御さんがちゃんと保管してくれてるか確認してみましょう(^_^;)
私の場合、母子手帳を先生に見せたところ、
びっくりするくらい打ってないことが判明!
おたふくや麻疹など、罹患してないのに予防接種も打っていない状況…。
私は上の兄弟と年の離れた末っ子なので、
集団接種に慣れていた母親が個別に受けるシステムをよく理解していなかった模様です。

ということで、2回に分けて、計6本の予防接種を打つ羽目に…。

今回接種したものは以下です。

B型肝炎 2回(3回目は日本での接種が間に合わず現地で受けてくれとのこと)

髄膜炎菌性髄膜炎

MMR(麻疹、おたふく、風疹)2回

成人用三種混合(破傷風ジフテリア、百日咳)

 

特に百日咳に関してアメリカはうるさいですと言われました。


ということで、小さいお子さんを持つお母さん、
お子さんが大きくなって海外に行く際に困るかもしれないということを覚えておきましょう笑
母子手帳も大切に保管しましょうね💦

予防接種は、数回に分けて打つものもあり、
その場合期間を開けなくてはなりません。
渡航ギリギリだと、残りは現地で受けてください!なんてこともありますので、
(我々もB型肝炎があと1回残っています。)
とにかく何事も渡航先が決まり次第早めに行っておくのが吉ですね…。

今回はこの辺で!