アラサーママのL.A.滞在記

イヤイヤ期真っ只中の2歳児の母による、海外での育児奮闘記です

渡米準備⑤手荷物

【スポンサーリンク】

こんにちは。

あー渡米準備編終わった終わったと思っていたら…、

忘れてました!手荷物の存在!

そうそう、航空便はそもそもほぼ炊飯器だけだし、船便が着くのは2ヶ月くらい先だし、

当面は手荷物分で過ごさなければいけなかったのでした!

 

さてさて、フライト(今回はデルタ航空)では1人2つののスーツケースが認められております。

航空券が求められる二歳の娘も同様。

ということで、3人家族で計6つのスーツケースが持ち込めます!

が、さすがに娘連れて6つは辛いので、

大きいスーツケース3つ、小さいスーツケース2つの、計5つで挑むことに。(大して変わらない?)

大きいスーツケースには、夏物の服や、おむつや食料など、軽くてかさばるもの。

小さいスーツケースには重さをとる本などを入れました。

さらに、大きいスーツケースのうち1つに、最初のホテル暮らし用に使いやすい衣類などを入れて、開けるのは1つで足りるように。

 

ここで、現時点で、持って来て良かったもの、持ってくれば良かったものなどご紹介!

○ウエットティッシュ

日本のさっぱりした拭き心地のウエットティッシュがなかなか見つからない…。もっといっぱい持って来ればよかったなーと思ってます。

また、こちらの飲食店ではおしぼりなど出ません!

○洗濯ピンチ

ホテル住まい中の手洗いで役立ちました。

あとこちらは基本乾燥機頼みなので、あんまり売ってないかも?

こっちのダイソーには売ってました。500円商品が6ドルで。

○緑茶

当たり前ですが緑茶のペットボトルは売ってません。日系スーパーでは日本の倍の値段がします。グリーンティーとか飲食店にある場合もありますが甘いです。チャイニーズでジャスミン茶頼んでも甘いです。とにかくお茶に甘さつけます。

緑茶がこんなに恋しくなるとは思いませんでした!緑茶、麦茶、ほうじ茶など持ってくるといいかもですー。

○スリッパ

こちらでホテルに泊まる場合は、日本のホテルのようにスリッパが付いていません。

そして 普通にスリッパ売ってません。土足だもんね…。

飛行機に付いてたのを持ってくればよかったと心底後悔。とりあえず安いビーサンを買って室内履きにしました。

クロックスみたいなものでもいいかもです。

 ○羽織もの

6月末のLA、暑い日は30度超えますが、涼しい日は25度行かない日もあります。

日中暑くても、夕方になると急に涼しくなったり、冷房のきついお店もたくさんあります。

更に30度越えの暑い日は、逆に長袖を着ないと腕に当たる陽射しが痛くて堪りません。

日本では感じない強さ!

あらゆる場面で羽織ものは必須。真夏でもお忘れなきよう。逆に帽子なんかはこっちの人ほとんど被ってないかも。なんででしょ?

○日焼け止め

先ほど書いたようにとにかく陽射しが痛いです。日焼け止めは必須です。

こちらで買ってもいいのですが、とりあえずは使い慣れたものがいいかもです。

○常備薬

こちらの薬は強いとよく言いますよね。

薬剤師さんによると人種によって効く効かないもあるとか。使い慣れた薬を持っていきましょう。

鎮痛薬、風邪薬、胃薬、整腸剤、鼻炎薬、塗り薬、などなど。子供用には浣腸も。

○歯ブラシ

こちらの歯ブラシのヘッド、めちゃめちゃでかいです。子供用のもでかいです。

日本で大量に買っておくのがおすすめです。

逆に歯間ブラシなんかはこちらは大容量でめちゃめちゃ安いですので持ってこなくても大丈夫かな。

 

多分これからまだまだ出てくると思いますが、今回はこの辺で!

 

【追記】

○キッチングッズ

私は調理器具などを船便で送ってしまったのですが、航空便にした方がいいです!
包丁やまな板などがないと何もできないのでやむを得ず買ってしまったのですが、

船便が届いたらダブるという始末…。失敗しましたー!